リニューアルの際に湯布院カントリークラブと名前を変えた九重カントリークラブ

1965年、 大分県由布市に開場したゴルフ場が、九重カントリークラブです。
九重カントリークラブ 山下湖ゴルフ場と表記されることもあった、大分県内で3番目に作られたゴルフ場となっています。
九州電力グループの企業が運営を行っており、2007年にはリニューアル工事の為に一時閉鎖されていました。

リニューアルの際にゴルフ場の名前も変更されており、以降は湯布院カントリークラブの名前を使っています。
湯布院カントリークラブ レークサイドコースと表記されることもあり、山下湖、小田の池の二つの湖が景観面での名物です。

また、温泉地として有名な由布市にあるので、周囲には宿泊施設も豊富にあり、ゴルフ場にも山下湖ロッジと呼ばれている宿泊施設があります。

九重連山、由布岳、といった雄大な山々を望むことが可能であり、眺望も優れているゴルフ場です。
湯布院カントリークラブの18ホールは、グリーンから最も遠いフルバックティーからの距離が6813ヤードと、距離も十分にあります。

そしてアウトコースとインコースで特徴が大きく異なっており、アウトコースはフェアウェイが広く作られているものの、木々はあまりありません。

そしてインコースはやや距離が短いものの、木々により各ホールが仕切られており、OBを記録することは少なめです。

13番ミドル、14番ミドルホールは大きく角度が変わるものの、他のホールは全体的に真っ直ぐ作られており、ティーショットから思い切って攻めることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ