玄界灘の近くに作られている玄海ゴルフクラブ

福岡県宗像市で1963年より営業を行っているゴルフ場が、玄海ゴルフクラブです。
西から北にかけて玄界灘が広がっており、北東には湯川山を望むことが可能と、抜群のロケーションを誇ります。
福岡県内で7番目に作られたゴルフ場であり、過去には九州オープンゴルフ選手権競技が開催されました。

玄海ゴルフクラブの18ホールは、バックティーからの距離が7011ヤードと非常に長く、松林により各ホールが仕切られているのでOBを記録することはあまりありません。

高低差も殆どなく、フェアウェイも広いのでティーショットから攻めていくことが可能となっています。

大きく角度を変えることは少ないものの、木々が多いのでティーグラウンドからグリーンが確認出来ないこともあり、打ち出しの方向で困ることも珍しくありません。

フェアウェイの中央に一本松が残っている1番ロング、中間地点から右に曲がっていく4番ミドル、途中から左に曲がる16番ミドルホールは難度が高く、打数が嵩みやすいポイントです。

グリーンの周囲にバンカーが多いのは勿論のこと、フェアウェイの左右にもバンカーが多く配置されているので、ティーショットでも油断は出来ません。ティーグラウンドの真正面に大きなバンカーが配置されている6番ミドル、バンカーの総数が多い11番ミドルホールは特に注意が必要です。

池は非常に少なく、プレーに絡んでくるのは10番ロングホールの池だけですが、フェアウェイの右手にあり大きいのでボールが曲がると命取りとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ