札幌エルムカントリークラブは発知朗氏設計の36ホールを持つ

1973年、北海道恵庭市に開場したゴルフ場が札幌エルムカントリークラブです。
2コース、計36ホールを所有していますが利用料金は抑えられており、サービス面でも高い評価を受けています。
2コースは発知朗氏が設計を担当しており、林間地帯に展開されているので高低差はほとんどありません。

西コースと呼ばれている18ホールはグリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離が6806ヤードと長めです。
フェアウェイは十分に広いものの、ラフの範囲が広く、ボールが曲がった場合はラフに打ち込んでしまうことも珍しくありません。

途中で角度を変えるドッグレッグはあるものの、グリーンの位置を確認することが難しい程に曲がることはないので、打ち出しの方向で困ることは少なめです。

障害物の数は多くはありませんが、グリーン周りのガードバンカー、11番ミドル、15番ショートホールの池越えスタートには注意する必要があります。

東コースと呼ばれている18ホールはチャンピオンティーからの距離が6755ヤードとこちらも長く、傾斜が残されているのが特徴です。
フェアウェイは非常に広く設定されており、大きく角度を変えることもないので、ティーショットから思い切って攻めていくことが出来ます。

バンカーの数が多く、特にグリーン周りにはガードバンカーが多数配置されているので、アプローチショットの難度は高めです。

池は4番ミドルのティーグラウンド前、13番ショートホールのグリーン手前にしかありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ