小郡カンツリー倶楽部は福岡県で8番目に作られた

小郡カンツリー倶楽部は、福岡県小郡市で1964年より営業を行っているゴルフ場です。
福岡県で8番目に作られたゴルフ場であり、丘陵地帯に展開されていますが、フラットな仕上がりが特徴となっています。
小郡カンツリー倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しており、上田治氏、阿部恒雄氏が設計に携わりました。

西コースと呼ばれている9ホールは、最も距離が短いものの、フェアウェイの幅は十分であり、また途中で角度を変えるドッグレッグは少なめです。
ティーグラウンドからグリーンを確認出来るように作られており、戦略を組み立てて打ち出すことが可能となっています。

ドッグレッグ気味の2番ミドル、4番ミドル、池越えスタートであり距離が長い7番ロングホールは注意が必要です。

東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、フェアウェイの幅も非常に広いので積極的に攻めていくことが出来ます。
ドッグレッグはあまり採用されていないものの、距離が長く緩やかに左に曲がる7番ロングホールは難度が高めです。

バンカーの数はさほどでもなく、あまり大きくもないので砂に捕まって大きくスコアを崩すことはあまりありません。

途中までは池は全くありませんが、8番と9番では大きな池が配置されており、特にティーグラウンド前とグリーン手前の二回池越えを行う8番ミドルホールは難度が高めです。

グリーンは大きく作られているので、アプローチショットは易しいものの、パッティングで傾斜を読み切るのは困難となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ