全27ホールがあり、日本庭園を意識している新宇都宮カントリークラブ

新宇都宮カントリークラブは、栃木県芳賀郡市貝町で1973年より営業を行っているゴルフ場です。
日本庭園を意識した作りが見所であり、芸術性も高められているのが特徴となっています。
9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りである新宇都宮カントリークラブの設計は、三好徳行氏が担当しました。

丘陵地帯に展開されており、高低差と傾斜が残っているので、打ち下ろしと打ち上げにどう対応するかが鍵です。
西コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、フェアウェイの幅も十分なのでティーショットから攻めていけます。

しかし最も高低差と傾斜が色濃く残っているコースであり、3番ミドル、5番ショート、9番ロングホールでは池が絡んでくるので、テクニックも重要です。

中コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短く、全体的に真っ直ぐ作られていますが、淵が突き出ており難易度が高いと言われているアリソンバンカーに似せたバンカーが配置されているので、砂に捕まった場合は打数が嵩むことも珍しくありません。

池は少ないものの、9番ロングホールは池越えスタートであり、グリーン手前にも池がある難所です。

東コースと呼ばれている9ホールは、途中で角度を変えるドッグレッグを多く採用しており、フェアウェイが終始曲がりくねっているのが特徴です。

また、ドッグレッグでありフェアウェイが非常に狭い6番ミドル、池越えスタートの5番ミドルホールは、特にスコアを崩しやすいポイントとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ