距離が長く、オーソドックスな作りの森林公園ゴルフ倶楽部

埼玉県大里郡寄居町で1990年より営業を行っているゴルフ場が、森林公園ゴルフ倶楽部です。
自然を活かした設計が特徴であり、各ホール間のインターバルが少なくなるよう作られているのでスムーズにプレーすることが可能となっています。
キャディ付きでのプレーが基本ですが、不定期ながらセルフプレーを受け付けている日もあるので、安く利用することも可能です。

森林公園ゴルフ倶楽部の18ホールは安田幸吉氏、川村四郎氏が設計に携わっており、グリーンから最も遠いチャンピオンティーからの距離は、6968ヤードと長距離コースとなっています。

丘陵地帯に展開されていますが、高低差はあまり無いので、距離感が狂う事態になることはあまりありません。
さらにフェアウェイは十分に広く、ホールの途中で角度が変わることは少ないので、初心者の方でも安心して打てる作りです。

木々は多く残されているものの、OBラインはありますので、OBを記録しないように注意する必要があります。

ティーグラウンドの直後はフェアウェイが広く、グリーンに近づくに従い正確なコントロールが要求されるオーソドックスな作りなので、アプローチショットの技術がスコアに直結するでしょう。

また、ほぼ全てのホールでグリーンの周囲に多数のバンカーが配置されており、6番ミドル、13番ロングホールではグリーン手前に池も配置されています。

しかし、グリーン上にはあまり傾斜がないので、ボールが乗ればパッティングはさほど難しくはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ