全体的に距離が短い、神奈川カントリークラブ

1968年、神奈川県相模原市に開場したゴルフ場が神奈川カントリークラブです。
9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りですが、どの組み合わせを選んだとしても、バックティーからの距離は6000ヤードに届きません。
東コースと南コースの組み合わせが最長で、バックティーからの距離は5711ヤードと全体的に短めな神奈川カントリークラブのコースは、竹村秀夫氏が設計を担当しています。

丘陵地帯に位置しており、元からある自然を活かして設計されているので、高低差と傾斜が色濃く残っており、全体的にテクニカルな構成です。
東コースと呼ばれている9ホールは最も長く、フェアウェイが広めに作られているものの変化に富んでいます。

途中で大きく角度が変わる3番ロング、6番ミドル、木々がティーグラウンドの前のラフに立っている2番ショートは、特に苦戦しやすいポイントです。

また、南コースと呼ばれている9ホールは、バンカーや池といった障害物が少ないので、傾斜と打ち上げ、打ち下ろしの存在にどう対処するかが鍵となっています。

そして5番ミドルホールはグリーンの手前にバンカーと池があるので、アプローチショットの難度が高めです。
西コースと呼ばれている9ホールは最も短いものの、レイアウトはオーソドックスであり、全体的に真っ直ぐ作られています。

バンカーは殆どがグリーンの周りにあり、障害物に悩まされるということはあまりありません。

3番ロングホールには、小さめですが池が配置されているので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ