岩手県内で4番目に作られており、距離が短めの盛岡カントリークラブ

盛岡カントリークラブは、1967年より岩手県盛岡市で営業を行っているゴルフ場です。
岩手県内で4番目に作られたゴルフ場であり、「盛岡カントリークラブ 岩山ゴルフ場」と表記されることもあります。
岩手県の県庁所在地である盛岡市内にあり、交通の便が良く、岩手山、姫神山を望むことが可能で景観面も良好なコースです。

盛岡カントリークラブの18ホールは鈴木源次郎氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6120ヤードと短めの数字になっています。

フェアウェイは全体的に広めですが、山岳地帯に展開されているので高低差と傾斜が色濃く残っており、ボールが曲がりやすい構成です。
ボールを曲げないように打つのは難しく、一部ホールではOBを記録しやすいので、距離は短めですが簡単ではありません。

ホールの途中で角度が大きく変わるドッグレッグもあるので、安定した状態で打てるティーショットが特に重要となっています。

ドッグレッグであり曲がり方が急な5番ミドル、フェアウェイの真ん中に木が立っている8番ミドルホールは自然を最大限に活かしており、難度が高めです。

池やバンカーといった障害物はあまり配置されておらず、特に池は2番ミドル、11番ミドルホールの二箇所だけと少なめですが、ともにグリーンの近くにあるので打ち込みやすくなっています。

バンカーの数は平均よりやや下ですが、ティーショットが落ちそうな地点からサイドバンカーが登場するので、打ち込まないよう注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ