カラフルなバンカーが有名な西日本セブンスリーゴルフクラブ

三重県松阪市で1973年より営業を行っているゴルフ場が、西日本セブンスリーゴルフクラブです。
長い歴史を持つ名門ゴルフ場であり、メンバーシップ制を採用しているので、予約を行えるのはメンバーのみとなっています。
しかし、ゴルフ場予約サイトを通せば予約の申し込みは可能なので、ビジターでもプレーすることは可能です。

西日本セブンスリーゴルフクラブの18ホールは、加藤福一氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は7077ヤードと長距離コースとなっています。

丘陵地帯に展開されていますが、なだらかな土地に作られているので、高低差や傾斜はあまり気になりません。
ホールの途中で角度が変わるドッグレッグはあるものの、曲がり方が急でなく、概ね真っ直ぐ作られています。

そのためか、ティーグラウンドからグリーンの方向が確認出来ないということは少なく、事前に戦略を練ることが可能です。

フェアウェイも十分に広く、ティーショットから思い切って打てる作りとなっているので、飛距離を出したいという方に向いています。

このコースは、障害物を多く配置することで難易度を上げており、特にバンカーは平均以上の数が見られ、フェアウェイからバンカーが登場することも珍しくありません。

西日本セブンスリーゴルフクラブは新しいことに挑戦してきたことで知られており、使われているバンカーは色がついたカラーバンカーとなっています。

色鮮やかな砂は日本では殆ど採用されておらず、非常に珍しい光景です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ