千葉廣済堂カントリー倶楽部は廣済堂レディスゴルフカップの舞台だった

1965年、千葉県市原市に開場したゴルフ場が千葉廣済堂カントリー倶楽部で、1982年から2009年まで開催されていた女子プロトーナメント、廣済堂レディスゴルフカップの舞台として知られています。
東京湾アクアラインの開通により格段にアクセスし易くなりました。

9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りとなっています。
梶谷穂月氏が設計を担当しました。

林間地帯に位置しており、高低差はほとんどありません。
木々が多く、仕切られているのでOBは出にくいでしょう。

東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いのが特徴です。
途中で角度を変える、ドッグレッグが多めとなっています。

4番、6番、9番ホールは左へ曲がるドッグレッグであり、角度の変わり方が急です。
バンカーの数は少なめですが、面積は大きめとなっています。

また、フェアウェイは狭めですが、真っ直ぐ作られているのが西コースと呼ばれている9ホールは最も短いのが特徴です。
4番、6番ホールはバンカーが大きめなのを知っておいたほうが良いでしょう。

南コースと呼ばれている9ホールは、他のコースに比べラフの割合が多めとなっています。
角度を大きく変えるドッグレッグはありません。

しかしフェアウェイのキープが難しい作りです。
バンカーの数は平均的ですが、池が計三か所にあるので、最も気をつけなければいけません。

グリーン左に池がある3番、ティーグラウンド近くに池がある4番ホールはプレッシャーがかかりやすい作りでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ