河川敷コースながら3コースを持ち、ボリュームのある川越グリーンクロス

1967年、埼玉県川越市に開場したゴルフ場が川越グリーンクロスで、荒川の河川敷に作られた河川敷コースですが、本格的なプレーにも対応しています。
3コースある中で南コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、且つ変化に富んでいて障害物の数は少なめです。
しかし池、バンカー共に大きめのものが配置されています。

池越えスタートの形であり、バンカーも大きめの6番ショートホールは難度が高めです。
中コースの9ホールは、途中で角度が変わるドッグレッグが多めとなっています。

曲がり方は緩やかであり、グリーンの位置が確認出来ないという事態にはならないでしょう。
ドッグレッグであり、グリーン手前に複雑な形のバンカーが配置されている8番ホールが難所です。

プレーヤーの作戦・戦略がものをいうのが北コースと呼ばれている9ホールでしょう。
最も距離が短くなっていてドッグレッグが多く、池は多めに配置されていますが、池越えスタートはありません。

しかしフェアウェイ横やグリーン周りに大きめの池があるので、打数が嵩みやすいでしょう。
バンカーの数は少なめですが、2番ミドル、6番ミドル、7番ミドルホールではフェアウェイの中心付近に木が立っていることがあります。

いずれもリンクスコースを意識して作られており、景観も良好です。
9ホール構成の3コースを所有しており、全部で3通りの組み合わせがあります。

高低差はほとんどありませんが、傾斜が多めなのでボールが曲がりやすくなっています。
北コースをみてもわかるように、木々が多いのも特徴でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ