広島市内にあり、河川敷に作られている太田川ゴルフ倶楽部

広島県広島市で1961年より営業を行っているゴルフ場が太田川ゴルフ倶楽部です。
広島県内で4番目に作られたゴルフ場であり、ゴルフ場の名前にもなっている通り太田川の河川敷に作られたコースとなっています。
会員権は存在していますが、ビジターの利用が圧倒的に多くパブリック制に近い状態で運営されているのが特徴です。

太田川ゴルフ倶楽部の18ホールは、長谷川岱次氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は3897ヤードであり長いコースではありません。
河川敷コースの例に漏れず、高低差は少なめとなっており、木々はあまり無いので、見通しは常に良好です。

フェアウェイは広めでラフの割合も多めですが、途中で角度が変わることはないので、グリーンの位置やティーショットを落としたい位置の把握が容易となっています。

アウトコースの方がやや長めであり、ボールを飛ばしたいという方にはこちらの方が向いているでしょう。

インコースは、17番、18番以外が全てパー3のショートホールであり、飛ばしたい方には向いていませんがアプローチショットの練習には最適となっています。

障害物は全体的に少なめですが、アウトコースではややバンカーが多めであり、5番ホールでは大きめのバンカーが配置されているので打ち込む可能性は高めです。

池は全くありませんが12番ホールでは川がラフを横切っているので水に落としてしまう可能性は少なくありません。

利用料金は非常に安めであり、手引きカートを使うなら更に値段を抑えることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ