大隅カントリークラブの18ホールは傾斜と高低差があり、難度が高め

鹿児島県曽於市で1973年より営業を行っているゴルフ場が大隅カントリークラブです。
大隅半島の中心に位置しており、温暖な気候の中でプレーが可能となっています。
南九州開発株式会社グループが所有しているゴルフ場で、鈴木正一氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は7063ヤードであり、九州屈指の長距離コースです。

丘陵地帯に位置しており、アップダウンは大きめとなっている上に、アンジュレーションと呼ばれている傾斜もあるので、ボールが曲がりやすいコースです。

距離が長めなので、スコアメイクの上で飛距離は重要ですが、高いコントロール技術も要求されるので、プレーヤーは思い切って打つのか、抑えてコントロールを重視するのか、常に困難な選択を迫られる作りです。

その為、傾斜に影響されないティーショットが重要となります。
フェアウェイは広めですが、傾斜があるので油断は出来ません。

木々が多めですが、完全に仕切られているわけではないのでOBにも注意が必要があるでしょう。
障害物はさほど多く配置されていません。
4番、15番ホールでは大きめのバンカーがあり、5番ホールはフェアウェイ横にサイドバンカーが配置されています。

しかし全体的にバンカーの数は少なめで、またそれほど大きくもないので、砂に捕まる危険性は低めとなっています。

池はコース内に一個もありませんが、豊富な打ち下ろし、打ち上げ、そしてホールの途中で角度が大きく変わるドッグレッグが難度を上げています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ