大沼レイクゴルフクラブは駒ヶ岳の裾に位置しているゴルフ場

大沼レイクゴルフクラブは、1975年より北海道茅部郡森町で営業を行っているゴルフ場です。
大沼国定公園内、駒ヶ岳の裾に位置しており、駒ヶ岳は景観面での名物です。
9ホール構成の3コースを所有しており、2コースを組み合わせて1ラウンドとしています。
過去にはプロトーナメントも開催されました。

林間地帯にあるので、高低差はさほどなく、木々が多く植えられており、OBは出にくくなっています。
最も短いのが特徴で、途中で角度が大きく変わるドッグレッグを多く採用したのが大沼コースと呼ばれている9ホールです。

障害物はあまり多くなく、バンカーは大きめですが、数は少なめとなっています。
1番ホールはフェアウェイ左に巨大な池があるので要注意です。

小沼コースと呼ばれている9ホールは、距離が長めとなっています。
バックティーからの距離は3611ヤードで、フェアウェイはそれほど広めではありません。

ドッグレッグが多めなので、飛距離に加え正確なコントロールが求められるでしょう。
面積が大きめの池が多数配置されているのも特徴で、少なめですがバンカーも配置されています。

比較的真っ直ぐ作られているのが特徴の駒ヶ岳コースと呼ばれている9ホールはこのゴルフ場で初心者に人気です。
ティーショットから思い切って振っていけるでしょうが、このコースは障害物をどう避けるかがポイントです。

フェアウェイから登場する大きめのバンカー、2番ホールのグリーン手前にある巨大な池等、障害物が豊富となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ