駒ヶ岳を始めとした大自然の中でプレー出来る大沼国際カントリークラブ

1976年、北海道茅部郡鹿部町に開場したゴルフ場が大沼国際カントリークラブです。
駒ヶ岳を背景にしてプレーすることが可能で、周囲には森に湖もあり、雄大な北海道の自然が景観面での見所でしょう。
自社設計による18ホールは、バックティーからの距離が7130ヤードであり、国内でも屈指の長距離コースとなっています。
林間地帯且つ丘陵地帯に作られたコースです。

敷地内に木々が多く植えられているのは林間コースの特徴であり、各ホールは仕切られています。
丘陵コースの特徴である、高低差と傾斜は一部のホールであるものの、ほとんどはフラットであり高低差に悩まされる危険性は少なめです。

フェアウェイは広めに作られているので、思い切ってティーショットを打たないと好スコアは期待出来ません。

傾斜が少なめなので、ティーショットでフェアウェイに落とし、二打目以降も積極的に攻めていくことがスコアメイクの点で重要となります。

障害物はさほど多くなく、特にバンカーは少なめとなっています。
最終18番ホールのグリーン周りに大きめのバンカーがあるものの、他のバンカーは小さめです。

またそれほど大きくないのでバンカーに打ち込むことはほとんどないでしょう。
このコースで最も注意しないといけないのは池で、さほど大きくないものの、ティーグラウンド、フェアウェイの近くに配置されています。

池があるホールではコントロールを重視した方が良いでしょう。
公式ホームページは存在していないので、予約は電話で行うこととなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ