18ホールを二つ所有している大熱海国際ゴルフクラブ

1961年、静岡県伊豆の国市に開場したゴルフ場の大熱海国際ゴルフクラブは、標高450メートル付近に位置しており、富士山が景観面での名物です。
初心者の方でも楽しむことが可能で、本格的なプレーにも対応しています。
広大な土地と、18ホールを2つ持っており、J・E・クレイン氏が設計を担当しました。

大仁コースと呼ばれている18ホールは、プロトーナメントも開催可能とゴルフ場が謳っている通り、本格的なプレーに対応しています。
丘陵地帯ならではの高低差、傾斜があり、距離も6749ヤードと平均以上です。

途中で大きく角度が変わる、ドッグレッグが多く採用され、フェアウェイは広めですが、ラフの割合も多めです。
終始正確なコントロール技術が要求されます。

障害物はあまり多くなく、バンカーの設置数は平均的でしょう。
12番ホールのグリーン周りはバンカーが大きく危険ですが、他のバンカーは小さめとなっています。池は11番ホールにしかありません。

もう一方の18ホールは、熱海コースと呼ばれ、バックティーからの距離が5924ヤードとかなり短めです。

また全体的にフラットであり、高低差はほとんどない為、非常に打ちやすく初心者向けの作りですが、障害物は多めに配置されているので油断は出来ません。

6番、11番ホールは、大きめのバンカーが複数あるのでアプローチショットの難度が高めとなっています。
16番ショートホールは池越えスタートでありプレッシャーがかかりやすい作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ