長野京急カントリークラブは京急グループが所有しているゴルフ場

長野県長野市で1998年より営業を行っているゴルフ場が、長野京急カントリークラブです。
京急と名称にある通り、京急グループが所有しているゴルフ場となります。
長野は夏こそ涼しめて快適なプレーが可能ですが、冬場は寒さのせいでグリーンを始めとしたコースのコンディションが悪いという事態が起こりがちです。

長野京急カントリークラブでは営業期間内なら常に良いコンディションが保たれており、寒い時期でも安心してプレー出来ます。
バックティーから打った場合の18ホールの距離は7045ヤードであり、長めのコースです。

自然が多く残っており、多くのホールが木々により仕切られています。
丘陵地帯にあるので高低差はありますが、極端な打ち上げ、打ち下ろしはありません。

フェアウェイは基本的には広めですが、一部にはラフが多めとなっているホールもあります。
途中で角度が変わるホールが少なめなので、フェアウェイをキープすることが出来ればスコアも安定するでしょう。

障害物は多くも少なくもなく、適度に配置されています。
バンカーは平均よりやや多めですが、大きいものはありません。

殆どが小さめなバンカーなので、仮に打ち込んだ場合でも脱出は比較的容易です。
一方で池は複数配置されています。

池越えスタートの9番ホール、フェアウェイ横に池のある2番、18番ホール、グリーン手前に池がある16番ホールは特に注意が必要です。

時期によって利用料金は大きく異なりますが、5月から10月はやや高め、それ以外なら平均的か、やや安めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ