東富士カントリークラブの18ホールは長く、難易度が高め

静岡県駿東郡小山町で1967年より営業しているゴルフ場が、東富士カントリークラブです。
富士山が近くにあり、景観面での名物となっている東富士カントリークラブの18ホールは、渡辺武次郎氏、小林英年氏が設計に携わっています。
豊富に植えられている木々により各ホールは仕切られており、フェアウェイも十分に広く作られているのですが、打ちやすいコースではありません。

丘陵地帯に作られており、アップダウンがそれなりに多くあります。
そしてフェアウェイも平坦ではなく、アンジュレーションと呼ばれるうねりがあるので真っ直ぐ飛ばすのが困難です。

安全を重視するなら、小刻みに打っていくこととなるのですが、18ホールの距離は7034ヤードと長距離コースなので、ある程度は力を入れる必要があります。

二打目以降が厳しいので、ティーショットでのミスは打数が嵩む原因です。
池はほとんどありません。

コース内に二つの池がありますが、小さくプレーに絡む可能性は低めです。

このコースで最も気をつけたい障害物であるバンカーは、数自体が際立って多いというわけではありませんが、一つ一つの面積が大きめで打ち込みやすい作りとなっています。

最後の関門であるグリーンでのパッティングは、丘陵地帯ならではの傾斜が色濃く残っていることから流れを読むのは難しく、距離が短くても油断は出来ません。

利用料金は高めに設定されていますが、フェアウェイやグリーンのコンディションは抜群となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ