山岳地帯に位置しており、高低差が大きくある東名富士カントリークラブ

1970年、静岡県駿東郡小山町に開場したゴルフ場が東名富士カントリークラブです。
ゴルフ場の名前に富士とあるように、富士山が近くに位置しているので、敷地内のさまざまなところから富士山を見ることが可能で、景観の面での名物となっています。
石井茂氏が18ホールの設計を担当しており、山岳地帯に作られたコースなので、高低差があるのが特徴です。

一番高いところと一番低いところで123メートルもの距離があり、全体的に打ち上げと打ち下ろしで構成されています。
その代わり、距離はあまり長くなく、一番距離のあるバックティーから打った場合でも6679ヤードと平均よりやや短めになっています。

そしてフェアウェイ自体はそれほど狭くはありません。
フェアウェイをキープすることを心がければ成績も安定し易いでしょう。

しかし、安定してスイングを行えるのはティーショットだけなので、第一打をどう打つかで大きく難易度が変わってきます。
どこに落とせば次に打ちやすいか、狙い通りのところに落とせるかが大きな鍵です。

障害物はあまり多く配置されていません。
バンカーの数は少なめ且つ小さめです。

5番、14番、16番ホールはグリーン周りのバンカーは多めですが、基本的にはそれほど注意しなくても問題ありません。
池も非常に少なく、一箇所に配置されているだけです。

14番ホールのグリーンの右手に池がありますが、グリーンからは離れており、小さめなので打ち込む可能性は少なめとなっています。
歴史があるゴルフ場なので、各種施設は古めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ