丘陵コースながら打ちやすい湯本スプリングスカントリークラブ

1977年、福島県いわき市に開場したゴルフ場が、湯本スプリングスカントリークラブで、近藤経一氏が18ホールの設計に携わりました。
このゴルフ場は丘陵地帯に作られたコースで、土をほとんど動かさずに作成されたという変わった特徴を持っています。
丘陵地帯にあまり手を加えない場合、傾斜や高低差が出ることが多いのですが、このゴルフ場ではどちらも少なめです。

全く無いわけではないので、打ち上げや打ち下ろしの形になることはあります。
しかし急ではないので、苦手としている方でも安心して打つことが可能です。

18ホールの距離は6881ヤードであり、十分に長いコースとなっていて、フェアウェイは狭くも広くもありません。
しかし、一部木々がせり出ており、狭く見える箇所はあります。

全体的には真っすぐにレイアウトされたホールが多めですが、4番、13番、16番ホールは途中で角度が大きく変わります。
そのためにティーグラウンドからグリーンが見えない、いわゆるブラインドとなっていますので、初めての方が戸惑うポイントとなるでしょう。

バンカーの数は平均的で、大きめのバンカーはありませんが、グリーン周りにはしっかり配置されているので油断は出来ません。
池はあるものの、少数です。

プレーに絡んでくる池は、14番ホールにある池だけとなっています。
池越えのスタートですが、幸いなことに池はそれほど大きくありません。

利用料金は非常に安く、コストパフォーマンスが高めのゴルフ場です。

プレーしやすいとの声が聞かれ、コースのコンディションの評判も良好となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ