ピーター・トムソン氏が設計を担当している、徳山カントリークラブ

山口県周南市で1974年より営業を行っているゴルフ場が徳山カントリークラブです。
9ホール構成のコースを3つ持っており、計27ホールが敷地内にあります。
オーストラリア出身のプロゴルファー、ピーター・トムソン氏が設計を担当しました。

OUTコース、かつては向道コースと呼ばれていた9ホールはフェアウェイが広めに作られています。
最も距離があり、ティーショットで飛ばしたいという方向きです。

しかし、距離感が掴みにくいという一面もあり、出だしのホールは途中で角度が変わり、ティーグラウンドからグリーンが確認できません。
一部に大きなバンカーがあるものの、障害物は少なめです。
特に池は全くありません。

金峰コースと呼ばれていたINコースの9ホールは、丘陵地帯ならではの起伏が多いので、テクニックが重要になります。
安定して打てるティーショットをどこに落とすのかがスコアメイクの上での鍵です。

バンカーの数はやや多めですが、それほど大きめではありません。
池はあるものの、プレーには殆ど影響しない位置にあります。

かつては長穂コースと呼ばれていたニューコースはフラットな作りで、距離が最も短いのが特徴です。
しかし、障害物は多く、大きめの池が複数見られます。

バンカーは数自体は平均的で、ポットバンカーと呼ばれている深い作りになっていて、一度捕まったら抜け出すのは困難です。
全てのホールでグリーンの傾斜が大きめであり、流れを読みづらくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ