関西一円からのアクセスが容易な能勢カントリー倶楽部

1960年より兵庫県川西市で営業を行っているゴルフ場が、能勢カントリー倶楽部です。
住所は兵庫県ですが、大阪府から非常に近いところにあり、関西一円からのアクセス面でとても優れています。
18ホールの設計を担当したのは上西荘三郎氏で、バックティーからの距離は6580ヤードであり、距離の面ではやや劣るところがあります。

アウトコースとインコースで趣きが大きく異なるコースであり、アウトコースは距離があまりありません。
またフェアウェイも比較的広めに作られているホールが多く、思い切ってクラブを振っていくことが好成績に繋がります。

池はアウトコースでは一切見られず、逆にバンカーが非常に多くあるのが特徴です。

特に出だしとなる1番ホールは、大きめのバンカーが多数存在しているのでフェアウェイは広めですが、コントロールでミスをするとバンカーに捕まってしまいます。

インコースは、アップダウンが激しいことが特徴です。さらに距離もあるので、飛ばしていく必要があります。
池は非常に少なく、バンカーは多くあるところとないところで分かれていますが、総数は平均的な数字となります。

17番ホールは小さめのバンカーが多数存在しており、難易度は高めです。
インコースはパワーとテクニックの両方が必要ですが、どちらかと言えばショットの正確性が物を言う9ホールと言えるでしょう。

利用料金はやや高めに設定されてるものの、グリーンを始めとしたコンディションは良好です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ