別荘地に作られている播磨自然高原船坂ゴルフ倶楽部

兵庫県赤穂郡上郡町で1971年より営業を行っているゴルフ場が、播磨自然高原船坂ゴルフ倶楽部です。
播磨高原は西の軽井沢とも言われている有名な別荘地ですので、特に夏場は快適な環境でプレーすることが可能となっています。
18ホールの設計はロバート・村島氏が担当しており、丘陵地帯に作られたコースは多少のアップダウンがありますが、ほぼフラットに仕上がっており、打ちやすいコースです。

元々あった自然を最大限に活かす作りとなっているので、各ホールが仕切られてはいません。
距離は6675ヤードと平均より若干短いですが、気になるほどではないでしょう。

人間が干渉し過ぎないようにしているためか、各ホールのレイアウトは個性的であり、途中から角度が変わることも珍しくありません。
真っすぐに作られているホールの方が少なめであり、パー5のロングホールは9番以外全てで角度が変わります。

池は何か所かあるものの、それほど多くはなく、またプレーにも絡んではきません。
このコースで最も厄介な敵はバンカーです。

数自体は平均的な数字ですが、一つ一つが非常に大きいので、避けるのが難しくなっています。
17番のショートホールはそれが顕著で、グリーンの周囲360度のほとんどがバンカーであり、難易度が高めです。

利用料金はあまり高くないので、訪れやすいゴルフ場となっています。
非常に高い評価を得ている料理が名物であり、プレーの後の食事やお酒でも十分に楽しむことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ