計27ホールを備えている八戸カントリークラブ

青森県三戸郡階上町で1974年から営業している八戸カントリークラブは、9ホールで構成されるコースが3つあります。
計27ホールあり、ボリュームがあるゴルフ場で、設計の担当は発知朗氏です。
丘陵地帯に作られているものの、アップダウンはあまりありません。

中コースと呼ばれている9ホールは最も距離がありません。
フェアウェイもさほど広く取られていないので、ラフに入ったり、OBを出したりしやすくなっています。

池はあまりありませんが、バンカーは適切に配置されているので、難易度は高めです。
幸いなことに、ほとんどはティーグラウンドからグリーンまで一直線に伸びており、グリーンの位置で戸惑うことはありません。

西コースと呼ばれている9ホールは、中コースと似たような特徴を持っています。
若干距離は上回っていますが、バンカーの多さやフェアウェイの狭さは同じです。

池もほとんどなく、直線主体で構成されている点も似ているので、攻略方法も似てくるのです。
南コースと呼ばれている9ホールは、最も距離が長いという特徴を持ち、フェアウェイが広く取られているホールが多めです。

池も少数ですがあり、プレーに絡んできます。
2番、5番は池越えスタートとなりますので、苦手な方にとってはつらい場面と言えるでしょう。

このゴルフ場では珍しく、9番は途中で極端に曲がり、グリーンが確認出来ないブラインドとなっています。
グリーンはどのホールでも難易度が高めです。
冬季はクローズですので利用は不可となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ