比叡山、比良山の景観が見所である比良ゴルフ倶楽部

比良ゴルフ倶楽部は、滋賀県大津市に1989に開場したゴルフ場で、景観の面での見所は、比叡山と比良山です。
また琵琶湖に近いので、広大な湖を見下ろすことも可能となっています。
18ホールの距離は6837ヤードと十分に長く、丘陵地帯に作られたコースながら比較的フラットであるため、飛距離に自信がある方に向いているコースです。

スタート地点の時点で、グリーンが見えない、ブラインドになっているホールは少数であるので、初心者の方でも楽しめます。
しかし、他の障害物は豊富にあり、バンカーは数自体が多めです。

さらに、一部のホールでは密集して多くの面積を占めているので、普通に打った場合はどこかで捕まる可能性が高めになっています。
湖畔に作られているという特性上、水が多く存在しているのも特徴です。

池越えのショートホールはスコアを落としやすいポイントとなります。
しかし、比良ゴルフ倶楽部で最も苦戦するのはグリーンです。

ゴルフの最後の関門であるグリーンでのパッティングが難しいとの声が多く聞かれており、最後でつまずくというケースが多くなります。
ベントグリーンを採用しており、高麗芝に慣れているという方は特に流れが読みづらいので注意すべきポイントと言えるでしょう。

比良ゴルフ倶楽部は滋賀県の県庁所在地である大津市にあります。
また、琵琶湖の近くに位置しており、アクセス面は抜群に良いです。

利用料金はやや高めの設定ですが、コースの状態は良く、値段相応のメンテナンスがされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ