アプローチショットの大本命、使用頻度が高いピッチショット

グリーンへのアプローチとして、有名なのがピッチショットです。
同じような言葉でチップショットというものがありますが、この二つを非常に混同している人が多くなっています。
まず、ピッチショットは上げてスリーンに乗せる方法で、ランは比較的少なくなっています。
アプローチまでに障害があったときなどに利用されています。

チップは今度は低めの弾道でランを重視して転がして寄せていくことを指しています。
弾道の高さとランの距離によって、この二つを分けて考えるということで間違いはないでしょう。

実際にこの二つが混同されていますが、ショットの性質的にはピッチショットに近いものはロブショットということが言えます。

グリーンへのアプローチにおいて最も簡単と言われているのがチップショットですが、転がすことで方向性さえ合っていればある程度の寄席が可能ということで人気です。

でも実際にこういったものが使えるケースというものはそれほど多くなく、あまり使える場面は多くありません。
そこでボールを上げる必要が出てくるのです。

実際に打つときの注意点ですが、あまりにもフェイスですくい上げることを意識しすぎてしまうと、ダフリをしてしまうこともあります。
打つ前にスイングの幅をまず考えて、その適切なスイング幅でボールの芯を捉えるということが大切です。

こういったトップやダフリというのは、メンタル的な影響が強いとされていますから、気負いすぎないこともポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ