第一打の正確性と飛距離にも大きく影響する、セットアップ

セットアップとは、準備をして始めていく前に行われることなのですが、ゴルフでは、ティショットの準備を指します。
つまり、ホールごとの第一打を打つ前の準備に対してセットアップと呼ばれることになります。
特にこれをしっかりとすることで、ドライバーがよく飛ぶようになったり、ミスショットを減らせるので、ただボールを置くだけだからそれほど手順はないだろうと考えているとしたら、思わぬ落とし穴になります。

しっかりとした手順を身につけて、第一打を成功させるようにしてください。
ティグラウンドに立ったら、まずまわりを見渡して、そこで頭の中である程度の戦略の確認をするようにしてください。

ある程度のターゲットがあると、打つときの目標として役に立ちますし、それをより具体的に決めることで、方向性をつけやすくなります。
そしてその方向に対して直線の線を引き、ティからのラインを探ります。

スタンスするときはそのラインと直角にして打てるようセットします。
肝心なのは、スタンスをとるときにフェイスがその方向に対して直角になっているかということです。

そしてフェイスを合わせるときは、必ず両足を閉じて行うようにしてください。
開いた状態で合わせてしまうと、インパクトのときのフェイスの向きとはまったく違う状態になってしまうこともあるのです。

こういった流れを自然とすることができれば、ドライバーの方向性が良くなりミスショットが少なくなることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ