グリーン上につけられた傷スパイクマークの扱いについて

スパイクマークとは、グリーン上でスパイクによってできる傷のことで、主にメタルスパイクでこの現象が起きるのです。
近年はラバーのものもできていますから、これならあまり傷めることはないのですが、プレーヤーの体重や芝の強度によっても傷み方は変わります。
さらに、グリーンはデリケートなものですから、どうしてもこのようなものができてしまうのは避けられません。

さらに厄介なことに、グリーンにあると、自分が打とうとしているラインを邪魔してしまう事もあるのです。

時には絶対のライン上においてもこれがあることによって、打つのがかなり難しくなってしまう場合だってありますが、これは規則によって、修繕してはならないということになっています。

ただし、実はこれには例外があって、前のプレーヤーがつけたものを修繕することは絶対にしてはなりませんが、同伴者がこれから打とうとしているラインを間違えて踏んでしまって、跡がついたときは修繕してよいことになっています。

プレーヤーがグリーンに自分のボールが止まった瞬間からのプレーが定められていますから、その時点でついていないようならば、そこまで巻き戻すことが可能です。

また、もしもラインを傷つけてしまった同伴者がいたとしても、それが故意でなければペナルティの対象にはなりません。

なお、この修復についてですが、傷を付けてしまった人であってもプレーヤーであっても誰でも構わないとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ