アマチュアゴルファー憧れの成績、アンダーパー

ゴルフではそれぞれのホールに規定打数が設けられていて、それを下回ったときはアンダーパーと言います。
またラウンドを通じて、全体の成績がトータルでパーだったときもそうやって言われることがあります。
実際に使うときは、ラウンド全体を通じてという方が使う頻度は高いのですが、この辺りは文脈での判断となり「アンダーパーで回った」というときはおそらく全体を通してのことになるでしょうし、「このホールは」というときならば、個別の成績ということが言えるのです。

一般的にゴルフ場の多くは規定打数が72とされているので、それ以下で回ることができれば、こういう言い方をします。
そしてアマチュアゴルファーにとってはこの成績を残すことは夢でもあり、一つの目標です。

もちろんプロにとっては当たり前のようにある成績なのですが、アマチュアゴルファーがこの成績を出そうというのならば、相当な練習が必要となるのです。

また、プロであっても調子が悪ければオーバーをしてしまう事もあるので、この成績を安定して出せることができれば、プロのトーナメントでも通用してしまう可能性もあります。

それだけに難しいことなので、なかなか実現できる人はいません。

また、レッスンなどではこれを目標に掲げている事もあり、ゴルフのステップアップのための最大にして大きな目標になっているのです。

そしてプロのトーナメントでは、基本的にはアンダーの成績で争われることになり、アマチュアゴルファーとの差が分かります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ