プロでは致命的スコアとなる、トリプルボギー

ゴルフはいかに最小の打数で、カップにボールを入れるかを競うスポーツです。
ホールごとに規定打数が設けられていて、その打数で入れることを基準としています。
そしてその規定打数を3打オーバーしてしまったときを、トリプルボギーと言います。
規定打数ぴったりで入れることをパー、1打少なかったらバーディー、2打少なかったらイーグル。

逆に1打多いことはボギーです。
つまり、トリプルボギーとは、それを3回重ねていると言う意味です。

プロの場合、この成績を残してしまったホールがあると、かなり絶望的になります。
3打もオーバーしてしまったということは、他のホールで3度バーディーをとらなければ挽回ができないからです。

事実このスコアを出してしまって、優勝争いから一気に脱落してしまった選手も多くいますし、スタートからこれを出したことによって、優勝をあきらめてしまうという展開もあります。

プロゴルファーにとっては致命的なスコアなのですが、アマチュアにとってはそうではありません。
特に初心者にとっては、逆にこれくらいのスコアで抑えることを目標としている人もいるくらいです。

すべてをパーで回ることというのは、アマチュアにとっては夢のような話です。

また、さらに上の4打であっても呼び名は存在していて、あまり使われることはないのですが、4打オーバーをクワドラブル、5打オーバーをクインテューブルなどともありますが、現実的に使われることはあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ