ボールの上を叩いてしまうトップの原因は、緊張にもあった

トップとは、ボールの上側を叩いてしまうことで、当然この位置を叩いてしまうので、ボールはコロコロと転がってしまったり、全然思ったように飛ばなかったりします。
ハードヒッターの人だと、アプローチなどで狙ったところをオーバーしてOBしてしまうということもあります。
原因はいろいろありますが、インパクトの時本来の軌道より、クラブヘッド上を回ってしまうと言うことが一因にあります。

つまり、ボールと体との位置が変化してしまうことが、要因になっているのです。
素振りや練習のときでは、きちんとフェースのスイートスポットで捉えていたとしても、実際のスイングではそれが変わってしまいます。

原因としては、無意識のうちに腕に力が入ってしまって、ヒジを曲げすぎてしまい、素振りをしている時よりも角度が変わってきている事などがあります。

これはショットのときの緊張が起因していますから、できる限り力を抜いて、素の状態でスイングをすることが大切です。

また、トップを恐れるあまりに無理に体を固定して、手だけで打とうとしてしまうと、力が入りすぎて筋肉の収縮で、これも距離が変わってきてしまいます。

普段普通に打てる人で、いざと言うときにトップが出てしまう人は、できるだけ緊張しないで自然体で打つように心がけてください。

アドレスをしたときに、それがいつも自分がスイングをしているときと同じかと言うことを確認して、違和感があったら気をつけることで、防ぎやすくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ