グリーンの外からパターでアプローチする手法、テキサスウェッジ

テキサスウェッジとは、特定のクラブを指しているのではなく、本来はグリーンの上で使うパターをグリーンの外から使ってカップに寄せていく、その手法のことです。
またそのときに使ったパターをテキサスウェッジと言う場合もありますが、基本的にはこういった戦略を指します。
なぜその名前が付いているかというと、アメリカのテキサスが発祥だからです。

テキサスは非常に風が強いことで有名で、もしアプローチのときにボールを打ち上げてしまうと風によって大きく流されてしまうので、転がすことが有効になっていました。

そして、そのときに使われたのがパターであったために、この手法に名前がつけられることになりました。
そして、この方法は実に有効だとも思われていますが、プロゴルファーではあまり見られません。

それは、あまり使えないからということではなく、アプローチにはかなり有効な手段なのですが、カップインを狙うには不利だからです。

カップを狙うプロはやはり、ウェッジを使うことが一般的になっていますが、まずはアプローチをしたい、少しでもスコアアアップを狙いたいアマチュアにとっては有効な戦術でしょう。

ただし、有効であり、簡単にできることから邪道と見られてしまう場合もあり、一般ゴルファーの中には白い目で見る人もいます。

ルールには抵触していませんから使う上で問題はないのですが、ちょっと勇気が必要です。

また、普通のパッティングとは違うので、実戦で使うには練習も必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ