セミラフは、ファーストカットとも呼ばれるラフに近いところ

セミラフは、芝を短く刈っていない、所謂ラフとフェアウェイの間にあるおよそ1メートルの地帯のことを指す言葉です。
ファーストカットと呼ばれることもありますが、これはどちらかと言えば近年になって使われるようになった言葉で、昔からのゴルフ関係者はあまり使いません。
プレイヤーからすれば厄介なところと言えるでしょう。

いわばグリーンの周囲にあるカラーのようなもので、ファーストカットは完全にフェアウェイというわけではありません。
一方で完全にラフというわけでもなく、中間に設定されている特殊な地点と言えるでしょう。

フェアウェイと同じ感覚で打つと、思ったよりも飛ばないということが起きやすく、逆に芝が長いところを想定して強めに打つと、今度は飛びすぎてしまいます。

中途半端な状態と言えますので、力の匙加減はプレイヤーの方で調整する必要があります。
アマチュアプレイヤーの方は馴染み深いのではないでしょうか。

プロの大会だと、このセミラフが排除されている場合があるのです。
どちらが打ちやすいかは得手不得手にもよりますので、はっきりとは言えませんが、無くなったから簡単になるというわけではありません。

ファーストカットから打つ場合は、ボールとクラブのフェースの間に芝が挟まりやすく、この点も難易度を高めている一因でしょう。

芝が挟まると、フライヤーが起こりやすくなりますので、気持ち小さめのクラブを使ったアイアンショットを行うのが良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ