バンカー脱出用に設計された、特殊なウェッジ、サンドウェッジ

サンドウェッジはゴルフクラブの1つで、ジャンルとしてはアイアンに分類されます。
その他のアイアンよりも、ボールを当てるための部分が上を向いているために、ソールが滑らかになっています。
そして、そのために砂地からボールを打つようにできています。
ジーン・サラゼンとウイルソンとの共同開発で発明されたこのクラブは、バンカーからの脱出を目的とされていて、そのための工夫が随所に施されています。

ソールの出っ張っている部分をバウンスと言いますが、これが大きすぎると邪魔をしてアプローチが打てなくなってしまうために、比較的小さくなっています。

ただしあまりにも小さすぎては砂に潜ってしまうために、適度なものが必要になります。
さらにソール自体の幅も比較的太くなっていて、砂に潜らないように工夫がされています。

サンドウェッジはバンカー脱出用とされていますが、それ以外でも使用することができます。
深いラフに入ってしまったときは、ボールの周りに草が生え茂っていて、バンカーと同じような状況になってしまいます。

このようなときも出番となります。
また、バンカーで打ちやすいのはもちろんですが、アプローチにも適していることから、短いショットで使用することもあります。

もっともこの場合はアプローチウェッジを使うのが一般的ですが、それを用意していなければ、代用することも可能です。

また製品によっては、本当にバンカーだけに特化したクラブもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ