ローヤルトウルーンは全英オープンが何度も開催されたスコットランドの名コース

ローヤルトウルーンは、イギリスのスコットランドにある名門コースです。
1923年、ローヤルトルーンが初めて全英オープンの開催地に選ばれ、以降、定期的にチャンピオンシップを迎え続けて、計8回の全英オープンを開催しています。
ローヤルトウルーンは、1888年当時の形を残しており、セントアンドリュースにあるオールドコースとしての伝統に則ったアウトと、バックのスタイルで設計がされています。

ゆるやかにはじまる最初の数ホールと、比較的直線的な後半のホールに挟まれて、大会開催地の中でも特に印象的なリンクスランドをまるで縫うかのように、一連のホールがみごとに配置されています。

こうした特徴もあって、通常のリンクスコースよりも、風向と風力がとても影響するコースといえるでしょう。
後半の9ホールで風がアゲインストとなる場合、我慢を強いられるとても難しいプレーとなるのは必至です。

コースとしての特性からも、ローヤルトルーンは、コースを力づくで押さえることを考えるプレイヤーよりは、できるだけ耐えきって自分のゲームができるプレイヤーに適しているといえるかもしれません。

1962年のアーノルド・パーマー選手と、1973年のワイスコフ選手は、両者とも本来の攻撃性をうまく押さえたことにより、このコースで勝利をつかんだといえます。

1989年には、グレッグ・ノーマン選手が、マーク・カルカベッキア選手とのプレーオフの戦いに負けたのは、18番の最終ホールで、そのパワーをセーブできなかったからと評されています。

逆に、2004年の勝者であるトッド・ハミルトン選手は、その穏やかで慎重的なゴルフで勝利を勝ち取ったといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ