パッティンググリーンについての理解を深めてみよう

パッティンググリーンとは、コースでいえばグリーンのことを指します。
きれいに整えられた芝で、ゴルフ場で使用されるパッティンググリーン用の芝は、目が細かい高麗芝などが用いられる場合が多いです。
グリーンがきれいに整備されていないと、プレーがとてもつまらないものになります。

緻密に計算しつつ整えられたグリーンでパッティングを行うのが、ゴルフの醍醐味ともいえるのです。
この表題のグリーンにおいても、いろいろなルールが定められています。

まず、パッティンググリーンでは球を拾い上げることが可能です。
その場合は必ずマークをして球のあった場所に目印をつけておきます。

グリーンに入るまではボールは拾い上げてはいけないので、ここは大きな違いとなります。
次に、プレー中はどんな理由があっても、パット線上を歩いたり、触ったりして状況を把握することは禁止されています。

但し、プレー中でなければ認められており、ホールとホールのプレーの合間にグリーンのチェックを行うことは可能です。
グリーンは丁寧に整備されていますので、その状態を損なわないようにプレーすることもとても大切なマナーです。

スパイクシューズを引きずるように歩いてグリーンを傷つけたり、パットでえぐったりするような行為は絶対に行ってはいけません。

ゴルフ練習場にはパターの練習を行えるグリーンのみのエリアもありますので、そういったところで練習を重ねて、パッティング技術を磨くこともできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ