オナーとはどういう人を指すの?ゴルフにおける「オナー」について

オナーとは、ティーショットを先に打つことができる権利のある人を表す言葉です。
通常、最初のホールでは、組み合わせ表に表題の人が指定されている通りにティーショットを打ったり、じゃんけんでオナーを決めたりするのが一般的です。
その後のホールについては、前のホールで一番スコアの高かった人がオナーとなります。

他の用語の項でも触れていますが、ゴルフはルールが細かったり、ローカルルールがあったりするのでコンペなどによって混乱することが多いのですが、こちらについても例外ではありません。

レディースを交えたプレーの場合、例えば最初にトスで決めた後、次のホールではスコアが高い人がオナーになります。

このときに、レディースが前のホールで一番スコアがよかった場合でも、ティーは男性のほうが後ろに設定されますので、ティーショットは一番遠い方から始まります。

よって、全スコアで高スコアだったレディースが必ずしもオナーになれるわけではないということです。

ティーショットはどのティーも近隣にありますので、グリーンから遠いか近いかということは無関係のように思えますが、この時点でグリーンからより離れたティーから打つということはルールとして生かされますので、混乱した場合には思い出せるとよいでしょう。

ごくまれにローカルルールなどが定められている場合、飛距離が伸びず打数が多いと思われる女性にティーショットを打ってもらうことはありますが、それは例外で、基本的には第2ホール以降はグリーンから離れたティーから打っていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ