ダイエットによる身体改造が功を奏したクリスティー・カー選手

クリスティー・カー選手は、アメリカ合衆国フロリダ州出身の女子プロゴルファーです。
男子顔負けの飛距離やパッティングのうまさには定評がありますが、2005年と2006年にはLPGA年間平均パット数でトップ5に入っています。
また、1999年頃からはダイエットにも成功しており、プロデビュー直後には80キロあった体重から26キロもの減量を果たしました。

その間わずか2年程で、その驚異的なダイエットによる身体改造が、初優勝を招くことができた大きな要因と言われているでしょう。

そんなカー選手が、ゴルフを始めたのは8歳の頃からで、1994年に開催されたジュニア・オレンジボウル国際ゴルフ選手権では見事優勝をしており、翌1995年には米国ジュニアゴルフ協会ジュニア・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞するなど、輝かしいアマチュア時代における成績を残しています。

その後1996年にプロ入りをしており、同年に開催されたアイアンウッド・フューチャーズ・クラシックにおいて初勝利を収めています。

それ以降のプロの道は険しくLPGAで成果をあげるまでには時間を費やしてしまい、ようやく年間賞金ランキングの50位以内にこぎ着けるまでには3年を要しました。

そして、2002年に開催されたロングス・ドラッグス・チャレンジにおいて、念願のLPGA初優勝を飾ることができたのです。
さらに2007年には、全米女子オープンを制したことでメジャー初優勝を飾りました。

続いて全米2010年全米女子プロゴルフ選手権では、2位と12打差という大差をつけて初優勝し、大会後の世界ランキングでは1位にもなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ