リー・ジャンセン選手は、全米オープンを2度制した実力のあるプレイヤー

プロゴルファーのリー・ジャンセン選手の出身地は、アメリカのミネソタ州オースティンで、1964年8月28日に生まれました。
1993年と1998年の2回全米オープンに優勝した実力のある選手です。
これまでアメリカPGAツアーで8勝を挙げていますが、現時点では1998年全米オープンを最後にツアーの優勝からは遠ざかっています。

ジャンセン選手は、少年時代はメリーランド州のボルチモアで、野球のリトルリーグ選手をしていましたが、フロリダへの引っ越しをきっかけにゴルフに専念するようになりました。

1986年にプロに転向し、1989年に行われたPGAツアー「クオリファイイング・トーナメント」に10位で合格し、1990年からPGAツアーのメンバーになります。

1992年ノーザン・テレコム・オープンでみごとツアー初優勝を飾りました。

1993年の全米オープンは、ニュージャージー州ユニオン郡スプリングフィールドにある「バルタスロール・ゴルフクラブ」で開かれ、ジャンセン選手は、4日間とも60台のスコアで回り、ゴルフメジャー大会初優勝を達成します。

翌年、ジャンセン選手は1994年の中日クラウンズで来日も果たします。
その後、1996年と1997年の2年間はツアー優勝がありませんでしたが、1998年の全米オープンは、カリフォルニア州にあるオリンピック・クラブで開かれ、最終日に68の好スコアを出し優勝を飾るのです。

その後はツアーで何度かの優勝争いに加わるものの勝てず、2005年以後は、低迷状態が続いています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ