1年に2度のメジャータイトルを制した実力者マーク・オメーラ選手

アメリカのノースカロライナ州が出身のマーク・オメーラ選手は、1998年にマスターズトーナメントと全英オープンでみごと優勝し、メジャー大会年間2勝をマークする偉業を成し遂げます。
アメリカPGAツアーでは通算16勝、国際試合でも8勝を挙げている名プレーヤーです。
日本ツアーでも、1985年に開催のフジサンケイクラシックと、1992年に開催の東海クラシックでみごと優勝しています。

13歳からゴルフを始めたというオメーラ選手は、1980年にプロに転向します。
1984年にグレーター・ミルウォーキー・オープンでツアー初優勝を飾ります。

長年メジャー大会の優勝とは無縁でしたが、1998年のマスターズで最終日に好スコアを叩き出し、フレッド・カプルスやデビッド・デュバルらの追撃を振り切って初優勝を飾りました。

オメーラ選手は全米オープンでは32位にとどまりましたが、全英オープンで最終日にブライアン・ワッツ選手とイーブンパーで並び、みごとにプレーオフを制してメジャー大会年間2冠を獲得したのです。

全米プロゴルフでも4位に入り、10月に行われたシスコ世界マッチプレーでも逆転勝ちするなど、大活躍の1年でした。
この年はPGAツアーの年間最優秀プレーヤーにオメーラ選手が輝きました。

アメリカツアーでは1998年の全英オープンを最後に優勝から遠ざかっていますが、2004年に、アラブ首長国連邦のドバイで開催されたドバイ・デザート・クラシックにて6年ぶりの優勝を挙げています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ