ヨーロピアンツアーで活躍し、日本でも勝利したダレン・クラーク選手

北アイルランド出身であり、日本のトーナメントにも参戦したプロゴルファーがダレン・クラーク選手です。
1968年、北アイルランドのティロン州に生まれており、1990年にプロ転向を果たすと、ヨーロピアンツアーに参戦しました。
1993年にはアルフレッド・ダンヒル・オープンでツアー初勝利を成し遂げると、1996年にはジャーマン・マスターズで2勝目を記録しています。

活躍が認められ、1997年にはアメリカツアーとヨーロピアンツアーの対抗戦であるライダーカップのメンバーに初めて選ばれました。

2000年には世界ゴルフ選手権の1つであるアクセンチュア・マッチプレー選手権に出場しており、決勝戦ではタイガー・ウッズ選手を圧倒して優勝しています。

同年にはイングリッシュ・オープンでも勝利を収めており、躍進の年となりましたが、欧州ツアーでの賞金ランキングは2位であり、惜しくも賞金王を逃しました。

ダレン・クラーク選手は日本好きとして知られており、初めて日本のトーナメントに参加したのは1997年のことです。
その後も日本のツアーに参加しており、2001年の中日クラウンズでは日本での初勝利を上げました。

2004年、2005年には三井住友VISA太平洋マスターズを連覇しており、日本では通算3勝を記録しています。

2004年以降、ヨーロピアンツアーの方では優勝から遠ざかっていたものの、2008年には2勝を上げ調子を取り戻し、2011年の全英オープンではメジャー大会の初勝利を記録しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ