コリン・モンゴメリー選手はヨーロッパツアーの一時代を築いた名ゴルファー

1963年6月23日、スコットランドのグラスゴーに生まれたコリン・モンゴメリー選手は、1993年から7年連続でヨーロッパツアーの賞金王に輝き、時を置いて、2005年には再び8度目の賞金王に返り咲いたヨーロッパツアーを中心に活躍している、屈指のトッププロゴルファーです。
ヨーロッパでは英雄として多くのファンから親しまれています。

しかし、残念ながらアメリカでのツアー優勝の経験はまだありません。
通称「モンティ」と呼ばれて、多くのファンに親しまれているモンゴメリー選手は、1987年にプロに転向します。

1991年のスカンジナビア・マスターズでヨーロッパツアー初勝利を挙げましたが、1994年のメジャータイトルの全米オープンでは、プレーオフの末、アーニー・エルス選手に破れ、辛酸をなめる結果となりました。

その後も、2005年の全英オープンでは、タイガー・ウッズに惜しくも破れ、2位となるなど、アメリカのツアーには残念ながら縁がないまま現在至っています。

ライダーカップでは通算8度の出場し、2010年にヨーロッパチームの初主将を務めました。
シングルス戦では無敗を誇る大記録を残しています。

2013年からはシニアのチャンピオンズツアーに参戦しており、2014年の全米プロシニア選手権で見事にシニア初優勝を飾ったのは記憶に新しいところです。

日本のトーナメントにも数多く参戦したことがあり、日本のゴルフファンにも馴染みが深い海外選手であるといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ