パーカー優子はレッスンを通してゴルフ指導をしている選手

パーカー優子選手は、1965年に東京都で生まれ、聖心女子大学を卒業しています。
ゴルフは19歳からスタートさせて、1994年に66期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、29歳でプロデビューを果たし、プロとして活躍するようになりました。
スポーツは水泳とスキーを得意としている点から、運動神経は前々から備わっていたことが伺えるでしょう。

現在は、トーナメントに参加するということはしておらず、ティーチングプロフェッショナル資格A級を保持していることから分かるとおり、レッスンを通してゴルフの魅力を多くの人に伝える役割を持って活動しています。

上北沢GCに所属しており、契約している企業はありません。
主な戦歴としては1995年に東鳩レディスゴルフトーナメントで18位タイ、再春館レディースで43位タイなどとなっています。

デビューした1994年はプロの壁が想像以上に厚く、苦しいスタートとなりました。

しかし、翌年の1995年には本来の実力を発揮できる大会が増えてきており、それに比例して賞金も多く貰うことができるようになり、1995年は78万円以上の賞金を獲得しました。

ところが、翌年からはケガやスランプなどの影響もあり、順位を伸ばすことができず、予選敗退の大会が多くなり、1996年と97年に関しては賞金を獲得することができていません。

その後はトーナメントに出ることはなく、ティーチングプロとしてゴルフ指導を中心に活動をしており、現在も一般の人を対象としてスクール形式で指導をしています。

また、この他にも個人的にゴルフの魅力を多くの人に知ってもらうような活動を続けているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ