千葉真理子はティーチングプロとして活躍している

千葉真理子プロは、2004年にティーチングプロとして日本女子プロゴルフ協会に入会しました。
1959年に新潟県で生まれ、日本女子経済短期大学を卒業しています。
ティーチングプロというのは、ツアーに参加するほどの並外れた技術を有しているという訳ではなく、指導者としての技術がズバ抜けており、ゴルフの発展を仕事とするプロです。

そのため、競技では見かけませんが、一般やジュニアの人向けのレッスンをして、技術力向上に力を入れています。
28歳からゴルフをはじめて、45歳でティーチングプロフェッショナル資格A級を取得することに成功しました。

年齢を感じさせないパワフルなスイングと、ゴルフに関する基礎的な知識が豊富ということで、最初から注目を集めていました。
45歳という年齢で新しいことにチャレンジする精神力の高さ、意欲的な行動力には定評があります。

現在は、ワールドGCという場所に所属しており、千葉県でワールドゴルフスクールという名前で、レッスンを行っています。
レッスン形態は、個人もあればスクール形式もありますし、一般からその他まで幅広い人を対象にレッスンを行っています。

年齢層が広ければそれだけ教える幅が広がることになるので、ティーチングプロでも幅広く教えることができる人は少ないです。

そんな中、千葉真理子プロの存在感はキラリと光っていることが予想されるでしょう。
普段は温厚ですが、ゴルフになるとマジメで熱心に教えてくれると好評価です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ