谷里美はフリーで活躍しておりレッスンをしているプロ

谷里美選手は、1986年に50期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとして活躍するようになりました。
連続バーディー数7という、2011年までの記録保持者としてゴルフファンの間では話題騒然の人です。
1961年に北海道で生まれ、北海道立恵庭南高等学校を卒業しました。

18歳でゴルフを始めて7年後の25歳でプロになったということで、当時は話題になりました。
現在はプロの舞台で学んだことを、多くの人に伝えたいということからレッスンを開き指導をしています。

主な戦歴は、1986年に平尾昌晃プロアマチャリティで優勝をしています。
また、1989年にはanクイーンズで2位タイ、軽井沢72東急女子オープンで27位タイとなっています。

さらに、1990年は富士通レディースで11位タイ、ミズノオープンゴルフトーナメントで19位、ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントで26位、大王製紙エリエール女子オープンゴルフトーナメントで30位タイなどと、輝かしい成績を収めています。

特に、1990年は谷里美選手にとって一番輝いている年でした。
1986年にデビューした年から早速賞金を稼ぐという離れ業をしただけでなく、1989年には400万円近い賞金を獲得しました。

これでも、本人からしてみればまだまだここからだということが言われていました。

そして翌年の1990年には300万円近い賞金を取り、翌年以降も注目されるようになったのですが、そこからはあまり良い成績を残すことができませんでした。

その苦い経験を多くの人に共有することで、大きな成果を出すように指導に余念がありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ