笹山麻紀はツアー選手で活動後に出雲市でレッスンプロに

笹山麻紀は1969年4月生まれのB型、愛知県名古屋市出身の女子プロゴルファーです。
1996年にプロテストに合格しましたが、68期生となる同期には、生涯獲得賞金が13億円を超える不動裕理がいます。
プロデビュー後の年間成績は、隔年で良い時と悪い時が繰り返させれており、好調時の状態を持続できなかったことが惜しまれます。

最初に成績の良い年になった1998年は、3月に熊本県で行われた「再春館レディース」で9オーバーの13位タイ、5月に埼玉県の東都飯能カントリー倶楽部で開催の「東都自動車レディースプロゴルフトーナメント」では、1アンダーの9位タイになりました。

この年の獲得賞金額ランキングは87位です。
翌年は主にステップアップツアーの大会に出場して、さらに翌年となる2000年はまたレギュラーツアーへの出場を多くしています。

賞金ランキングで最も順位を上げたのは、35歳になった2004年のことで、25の大会に参加したうちの15大会で予選を通過し、大きな活躍はないものの、獲得総額を600万円に乗せています。

しかし、残念ながらシード権の獲得までには至りませんでした。
その後は、2007年のランキング80位が2度目のピークになり、レギュラーツアーへの参加は2009年まででいったん終えています。

年に数回のステップアップツアー大会への出場をしながら、メインの活動となるのはレッスンプロとしてのものとなり、住居がある出雲市の2箇所のゴルフ練習場で、アマチュアの選手に指導を行っています。

ここでのレッスンのやり方は、20分1,000円などの個人指導の形式のみです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ