自身の名前を冠したゴルフスクールを開講している、桐林宏光

桐林宏光は日本の女子プロゴルファーで、きりばやしひろみつではなく、きりばやしひろみと呼びます。
桐林宏光ゴルフ塾を開いていて、名前で分かるように彼女が主体となっています。
ですが彼女はツアープロとして各地を転戦していた経験はなく、日本女子プロゴルフ協会に入会したのはティーチングプロとしてです。

日本女子大学家政学部卒、筑波大学大学院体育研究科修士課程修了ということでスポールに関してかなり豊富な知識を持っており、それを活かした指導を行っています。

1964年生まれで、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2006年のことです。

ゴルフ自体を始めたのは非常に遅く23歳の頃からですが、それからゴルフを学び日本女子プロゴルフ協会に入会して、さらには自分の名前を冠するスクールを開くなど精力的に活動をするのは、才能があったからでしょう。

このスクールではゴルフをテクニカルに捉えて、だれでも分かりやすく学ぶことができますが、それ以上にメンタル面を大切にしていて、メンタルのスポーツと言われるゴルフにとっては欠かせない要素も学ぶことが出来ます。

ティーチングプロフェッショナル資格A級ももっていますし、日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング指導士、LPGAジュニアゴルフコーチなどの数々の資格を持っていて、安心して指導を受けることが可能です。

テクニックとメンタル両面からサポートをしてくれて、万全の体勢でゴルフを学ぶことが出来ます。
また、ジュニアの育成もやっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ