遅くからゴルフを始めたものの、加藤りえ子は見事ティーチングプロになった

加藤りえ子は日本の女子プロゴルファーで、1955年生まれです。
選手として活動をしているわけではなく、教えるためのプロとして活動をしています。
そのためLPGAの公式ホームページには戦績というものは記載されておらず、特別その成績を見ることは出来ません。

日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2003年でかなり遅くなってからですが、もちろんそれは選手ではないのでまったく関係はなく、むしろ成熟してレッスンの基本を守って教えることが出来るということでしょう。

またゴルフを始めたのはかなり遅く、29歳からとなっているのでこれは選手ではなくても異例でしょう。
たとえ選手ではなくティーチングプロとはいえ、その年から始めてプロになるということはかなり才能があるということでしょう。

日本女子プロゴルフ協会に入会するためにはプロにならなくてはならず、そこにはテストが必要ですから、それをクリアするのは並大抵のことではありません。

その年で合格できたということはまさに異例のことでしょう。
そしてティーチングプロフェッショナル資格A級も保有しているので、安心した指導が期待できます。

現在は、所属しているケンゴルフヴィレッジ長南で活動をしています。

またその他のゴルフクラブでも教えているので、自宅から近いところで教えていただけるところがあるのならばチェックしてみてください。
また教える場所によって対象が違うので、気をつけてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ