生島早織選手はそのルックスから人気が高い女子プロゴルファー

生島早織は、奈良県桜井市出身の日本の女子ゴルフ選手です。
1975年生まれで、ゴルフは16歳から始めています。
生涯戦績としては2003年から賞金を獲得していて、そのときは114,500円でした。
順位としては180位となっていて、これからの成績の伸びが期待されていましたが、翌年は賞金を獲得することはありませんでした。

実際のプロ転向も2004年からになっているので、プロになった初年度には、賞金を獲得することはできませんでした。

ただし2005年から現在までは着実に賞金額を伸ばしていき、2010年度にはピークの成績を残しています。
そのときの賞金総額は6,4447,214円で、順位としても75位です。

また、この年の中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンは7位タイの成績で終わっていて、これが現在までの最高位の大会になっています。
また同年には、ヤマハレディースオープン葛城に8位タイの成績もキープしています。

これからの活躍が期待されている選手で得意なクラブはパターなので、グリーン上で勝負を決める場面が多くなっています。
趣味としてはゴルフとはあまり関係がない、料理やショッピングなどがあり、夫もいます。

またそのルックスから人気が高く、女子プロゴルファーの人気ランキングでもかなり高くなっています。
実際の成績ではそれほど上位にくることはありませんが、人気ランキングなどでは上位に食い込みます。

また、個人的にブログを開設もしていて、それも人気を支えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ