足立由美佳選手はアジアン女子ツアーで初優勝を上げたゴルファー

足立由美佳選手は1987年生まれ、京都府出身の女子プロゴルファーです。
10歳からゴルフを始めており、遠間武彦選手や、プロをコーチしたことで知られている後藤光氏に師事しています。
京都府立綾部高等学校卒業を経て、2007年からステップアップツアーに参戦しANA PRINCESS CUPで3位を記録する等の活躍を見せました。

翌年も同じくステップアップツアーで戦い、3位タイを記録しています。
さらに日本女子オープンでレギュラーツアーデビューを果たしました。

予選落ちすることなく、レギュラーツアーで初の賞金を獲得しています。
そして2010年にはプロテストに合格しました。

しかし合格の年は、レギュラーツアーへの出場は無しと厳しいシーズンを送っています。
2年目には、日本女子オープンで二年振りに賞金を獲得しました。

2012年以降はステップアップツアーを中心として、多くの試合に出場し、アジアン女子ツアーの夢屋ドリームカップで、大差をつけて初優勝を飾りました。

足立選手は同大会に出場して、初年度こそ32位を記録しましたが、2012年には予選落ちで終わっています。
この年は国内でも目立った活躍がない時期であり、自身がゴルフをやめようかと悩んでいました。

それでも練習を続け、大会に出場することを控える、他のスポーツの練習を取り入れるといった試行錯誤が初優勝という結果に繋がります。
今後の更なる活躍が期待される女子プロゴルファーの一人です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ